読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tellme.tokyo

テルミー東京

最近の zplug の変更について

テック系でも Qiita ってところはブログではないので書けないことがある。しかしブログはそういうことが書けるのがいいなと思う。自分の庭みたいなもの。

ローカルプラグインを管理できるようになった

先日の issue(#54)によってローカルリポジトリをロード対象とすることが可能になった。neobundle.vim や vim-plug にもあるお馴染みの機能だ。

zplug "~/.zsh", from:local

from タグを使って指定する。自分の場合、~/.zsh 以下で zsh の設定ファイルを次のように分割しているため、この機能はとても便利に働く。デフォルトでは "*.zsh" が読み込み対象になっているので ~/.zsh 以下の zsh ファイルを簡単に zplug で管理できる

$ tree ~/.zsh
/Users/b4b4r07/.zsh
├── 10_utils.zsh
├── 20_keybinds.zsh
├── 30_aliases.zsh
├── 40_prompt.zsh
├── 50_setopt.zsh
├── 60_export.zsh
├── Completion
│   ├── _ack
│   ├── _add-sshkey-remote
│   ├── _ag
...
│   └── _path
├── Makefile
└── README.md

フルパスでない場合は $ZPLUG_HOME を基準にパス解決される。

zplug "repos/user/repo", from:local

読み込むファイルを一部無視できるようになった

これもまた issue(#56)によって導入された機能で、of タグと逆の指定をするためのタグ ignore が使用できるようになった。

of タグはデフォルトで *.zsh を読みに行く(as:plugin のとき)が一部ファイルを除外したい、なんてときに有効である。

zplug "foo/bar", as:plugin, of:"*.zsh", ignore:some_file.zsh

of と同じくグロブによる指定も可能で、基本的に相対パス指定するがこのときのパス解決の基準は 指定した foo/bar ディレクトリである(from:oh-my-zsh を除く)。

優先度は of<ignoreなので、

zplug "b4b4r07/enhancd", of:enhancd.sh, ignore:enhancd.sh

とすると、何もされないことになる。

Wiki が捗った

一部コントリビュータが zplug を大変気に入ってくれたようで、Wiki のアップデートを申し出てくれた。大変わかり易くまとめられたので、他のプラグインマネージャからの乗り換え案内時に一役買いそうだ。

追記

ちなみに今日が zplug 公開から1ヶ月である。